fx取引を行う際には、少額の資金しかなくても多くのリターンが得られるチャンスを得るためにレバレッジ取引を行うことがあります。

ここではレバレッジの仕組みや、海外と国内の違いなどを比較し解説していきます。

 

レバレッジとは?仕組みを解説

このレバレッジ取引のしくみは、てこの原理のようであることからつけられた名前で、

一定の担保(証拠金にあたる)を保有している人に対して、投資資金以上の金額の外国為替の取引を可能にしてくれます。

 

例えばドル円なら、1ドル=100円の時にドルを買って

1ドル=150円の時にドルを売る(円に戻す)ことで

お金が50円分増えたことになります。

10ドル買っておけば500円、100ドル買っておけば5000円となるわけです。

 

ただ、通貨の値動きというのは、実際は一日数十銭や大きくても数円程度しか動きません。

これだと元手となる資金が多い人でなければたいした利益も出ません。

そこでレバレッジを効かせて購入金額を大きくしていくことで

多くの利益を得られる可能性が生まれます。

もちろん逆に損失を被る際にも損失額が大きくなってしまう点には注意が必要です。

 

海外FX口座は国内よりもハイレバレッジ

国内のFX口座ではレバレッジ規制が採用され、

現在最大レバレッジは25倍までとなっています。

しかし海外FX口座では国内の法律は適用されないので

500倍や1000倍、さらに大きいところでは3000倍という業者もあります。

レバレッジが高いということは、その分口座に入金する資金が少なくても

それなりに大きなポジションを持てるので、

元本が少ない人にはありがたいです。

 

海外FX口座で追証になったら?

FXでは、為替相場が変動することで利益が出たり損失を負ったりします。

要人の発言や指標、有事などによって為替相場が急変してしまうことがあります。

たとえば、介入が行われるなどの原因で相場が大きく変動することがあります。

 

10万円の証拠金を入金して取引をしていて相場が変動し、

30万円の損失を発生させてしまうことはありえないことではありません。

この場合、20万円を入金してやっとプラスマイナスゼロです。

 

そうならないようにするために、ストップロス注文を入れておくのが普通ですが、

相場が急変してしまうとストップロス注文がスリップして損失が拡大することもありますし、

注文自体が約定しないこともあります。

 

その時慌てて今のポジションを決済したり、

証拠金を入金しようとしても間に合わず、

レバレッジを保つための証拠金が不足してしまい

現在の口座の残高よりも含み損の方が多くなってしまうと、

不足している金額を追加で入金しなければなりません。

 

これが追証と言われるもので「追加で証拠金を入金する」の頭の文字がとられて

「追証」と呼ばれています。

「今持っているポジションを売ってしまって損失を固定したくないなら、

証拠金を追加で入金して」ということになります。

そのまま放置しておけば今持っているポジションは強制決済となり、

損失が固定されてしまいます。

 

その時に口座の残高がマイナスの場合には、

その損失を補てんするために入金しなければなりません。

大きな相場の変動があった場合には、払いきれないほどの損失が出てしまいます。

これらは国内FXでの話です。

 

では、海外FXではどうかというと「追証なし、0カット」を導入しているところが多くあります。

口座の残高がマイナスになった場合、その損失を顧客に請求はしない、

というのがハイレバレッジでの取引が当たり前になっている海外FXの特徴です。

 

相場が大きく変動した場合には為替相場はパニックになるため

ロスカットをしようと思ってもできなくなってしまいます。

そのような強制的なロスカットが行われず口座残高がマイナスになった時には

顧客の残高を0に戻してくれるため、

口座がマイナスになってもその損失を顧客が支払わなければならない必要がないため、

相場の急変時にも大きな不安を抱えずに済むという大きなメリットがあります。

 

0カットサービスありは海外FX口座に特有のサービスです。

日本ではこのようなサービスはありません。

 

損失の幅を限定したいという人にとっては、非常に魅力的なサービスだと考えられます。