BigBossは結構注目度の高い海外FX会社です。最近では特に海外FXが話題になっていますが、

それぞれ違い・特色がありますのでチェックしてみましょう。

 

Big Bossの評判や特徴、おすすめポイントなどまとめ

 

いま海外FXの中でもBigBossの注目度が高いのは、日本人向けのページが見やすい、実践向けのFX書籍の中でも多く紹介されているという2つの理由からではないでしょうか。『奈那子流 FXで勝ち残る7つの法則ー2000人のトレーダーとの出会いでわかった』や、『黄金の扉を開く 賢者の海外FX投資術』でも、海外FXBigBossのことが紹介されています。

なぜ海外FXBigBossに日本の人たちが注目するのかといえば、レバレッジ555倍であったり、高速約定が評判であったり、極狭スプレッドであったり、日本の人たちがすぐにここを注目してしまう要素が全部揃っているからです。

もっと、総合的バランスを強調しアピールしているFX会社もありますが、はじめてFX投資をする人たちには、海外FXBigBossのアピールの方法がいたって判りやすいのではないでしょうか。とにかく、いままで国内FX会社に留まっていた人たちにとって相当海外FXBigBossは、魅力的なFX会社に見えるはずです。

BigBossはレバレッジ555倍

海外FXBigBossでは、レバレッジ555倍を効かせてポジションを持つことができます。ハイレバレッジは、ハイリターンがありますが、ハイリスクとも言うことができます。

しかし、海外FXBigBossで、トレードに失敗してしまい、口座がマイナスの事態になってしまったとしても、追証を入金する必要もなく、ほとんどハイリターンとは言わないでもいいでしょう。

日本人の方々が、国内FXから、海外FXBigBossにシフトしようとしたとき、このレバレッジに警戒してしまうこともありますが、それは誤解と言えます。

日経225などの株式指標や石油が取引できる

海外FXBigBossでは、
FX通貨ペア以外、原油2種類、日経225などの株式指標6種類と言ったCFD銘柄の取引も行うことができます。 インデックス株を取り扱う海外FX会社は少ないから、充分BigBossの口座開設をする意味はあります。

原油価格は短期間で大きく上がり下がりするので、このようなもので取引する魅力もかなりあります。

日本人サポートあり

多くの魅力的な海外FXがあるものの、やはり、日本語サポートが充実していないところではするべきではないでしょう。不安を抱えた状態でFXトレードと向きあっていても勝つことなどほとんど出来ないのではないでしょうか。

海外FXBigBossも、しっかり日本人対応をしてくれている会社です。結構、水準は高いと考えていいでしょう。 問い合わせ手段はメールだけなのですが、とにかく日本人の方々には対応が早いことで安心させてくれています。

公式ページには「48時間以内に返信」と記載がありアピールしているように見えますが、ほとんど、それ以上のスピードで対応してくれています。しっかりサポートをしてくれているということは、トラブルが起きたときに一番安心出来ることです。

約定力が高い

日本人の方々に約定力もとても気になる問題です。海外FXBigBossでは、NDD方式を採用しているので、国内FXと比較すれば、結構優れていると感じるでしょう。

国内FX会社の多くは、OTC(DD)方式を採用しています。NDD方式とは、トレーダーが出した注文は業者を素通りし、そのままカバー先の金融機関やLP(リクイデティ・プロバイダー)に流れていく方法です。

NDD方式では、業者の意図で注文やレートを不正に操作することはありません。ので、ベストな価格で注文を通すことができるでしょう。ただし、公式ホームページでは、「世界が認める最速約定ブローカー」と謳っていますが、それはちょっと言い過ぎでは、という感じもあります。

海外FXBigBossでは、経済指標が発表されても、高速約定が保証されるとのことです。雇用統計の時にも滑らない海外FX会社にはなかなかお目にかかることができないはずです。 海外FXBigBossでは、ちょっとした経済指標時のときや、ニューヨークタイムとロンドンタイムが重なってしまう取引が活発化する時間帯などの取引でストレスなくサクサク約定することができるでしょう。

ビットコインの取引もできる

BigBossでは、ビットコインをCFD商品「BTCUSD」として取引することができるようになりました。(2017年5月以降、BigBossではBTCUSDの取引数量を0.1lotに制限しています)

いま、ビットコインはとても話題なので、それを取り込んだ投資をFXでしている人たちも多くいます。

キャンペーンが充実している

海外FXBigBossは、かなりボーナスキャンペーンにも積極的です。 最大5000ドル(おおよそ50万円)の入金ボーナスなど、1lot(10万通貨)の取引ごとに4ドルのキャッシュバックボーナスなど期間限定の提供をしてくれているのでしっかりチェックしてみましょう。

出入金方法が簡単

海外FXBigBossでは、出入金ともに国内銀行送金に対応しています。
入金時の着金スピードは最長30分、 出金時の着金スピードは1~3営業日で、クレジットカードがなくても手軽に入金することができます。 出金時も、海外送金に対応出来ない業者より全然スピーディーです。

 

Big Bossのデメリットは?

入金・出金の手数料が地味にかかる

海外FXBigBossでは、入金・出金ともに手数料が完全に無料なわけではありません。入金は国内銀行送金5万円未満で1000円が、出金は国内・海外銀行送金で2000円がかかってしまうことになります。

方法により、手数料がかかるということにも注意をする必要があります。銀行送金の出金手数料などどうしようもないという感じはありますが、小分けという意識ではなく、まとめて入金する意識を持つといいでしょう。

 

 

BigBossは本当にハイレバレッジか?

海外FXBigBossで、ローリスク・ハイリターンでレバレッジ555倍を利用出来るのは、最大なる魅力に見えますが、実際には、海外FXを比較すれば、多くのFX会社がその程度のレバレッジを設定しているので、それほど大きな特徴とは言い難いかもしれません。

 

BigBossのスプレッドは広め

海外FXBigBossでは、日本人の方々に、堂々と極狭スプレッドを宣言しています。確かに、極狭スプレッドという言い方はあっていますが、他の海外FXと比較して、決して極狭という訳ではないということも確認しておく必要があるでしょう。

Big Bossでは、ドル円スプレッドのスプレッドが、1.40pips、ユーロドルスプレッドのスプレッドが1.70pipsという感じです。 TitanFX 1.33pips 1.20pips
Axiory 1.30pips 1.50pips
LAND-FX 1.50pips 1.50pips(ドル円スプレッド ユーロドルスプレッドの順)なので、このあたりの海外FXと比較してどうかということをしっかりチェックしてみる必要があります。

金融ライセンスについて

海外FX会社が、金融ライセンスを持っているかも大事なポイントです。BigBossは、金融ライセンスを持っていますので安心してトレード出来るFX会社と言っていいでしょう。しかし、海外FXBigBossの取得している金融ライセンスは、ニュージーランドFSPライセンス1つです。

中には、複数のライセンスを取得している会社もあるということも覚えておくといいでしょう。 Traders Trustでは、取得ライセンスは10です。

ただし、Traders TrusというFX会社が、他の面で、海外FXBigBossと比較して見劣りしていることもありますので、そのあたりのことをしっかり比較してみることをおすすめします。